木の葉天目

深い喜びは時にボダイジュの葉の大きさで

この物語は約千年前に始まります。

宋王朝時代の中国、吉州近くのとある陶芸の工房では、作業工程が明確に定義され、また体系化 されていました。各工程はその部門の専門家が受け持っていました。粘土を精錬したり、ろくろ で碗を成形するなど、それぞれ別々の職人が担当していました。粗い碗が板の上に置かれ満杯に なると、それらを乾燥させる職人が持って行き、器が革のように硬くなると、また別の職人がそ れらを整えます。さらに乾燥した後、それらに釉薬をかけ、再び乾燥させます。最後にそれらは 火や灰、すすから守るため一つずつカプセルに入れられて、巨大な龍窯に配置され、1 週間かけて 薪で焼かれました。 

ある職人の唯一の仕事は碗をそのカプセルに詰めることでしたが、彼は間違いを犯しました。彼 は碗の一つに落ちた葉を見落としました。 窯が冷えると、彼は驚くべきものを発見しました。葉 は暗い釉薬の中に溶けて、碗の中にそのものの鮮明で明るいイメージが残りました。それは有用 な発見であり、また幸運な偶然の一致であり、再現するに値するものでした。こういった碗はと ても珍しく、その現象を再現する試みはあまり成功しませんでした。現存する碗はごくわずか で、現在は博物館に展示されているか、オークションに出品されると天文学的な価格で落札され ています。 

宋の時代、現在のブランデンブルク州では、周囲のスラブ農民村を保護するために設計された石 と木材の城壁の周りに原始的なバーグワード(居住区)が設立されました。村人たちはボダイジ ュの女神「Libussa」を称えるために、バーグワード内に神聖なボダイジュの木を植えました。 「Liba」はボダイジュの木のスラヴ語で、心の問題や正義に関する疑問が湧いたときに彼らは 「Libussa」を神託として崇めました。 13 世紀の初めには、小さな集落の住民も教会を建て始め ました。しかし彼らはこの新しく作られたキリスト教に完全に信頼を置いておらず、いくらかの 古い伝統を守っていました。ボダイジュの木は教会の中庭に残り、現在もそこに残っています。 

これらの物語は、一人の人間によって統合されます…それは私です。私はその古い集落から開発 された村に住んでいます。私は常に、宋の時代の美しい、時代を超越した陶磁器に魅了されてき ました。何年もの間、私は葉のモチーフの謎を解き明かそうとしてきました。毎年秋に木々がカ ラフルなディスプレイで溢れかえるたびに、私は新しい実験を始めました。しかし残念ながら、 私はいつも失敗し続けてきました。私は黄色がかった水たまりや、青みがかった幽霊のような影 を生成することはできましたが、宋の碗のように、葉を正確に再現したものは 1 つもありません でした。 

昨年の秋、私はまた試さずにはいられませんでした。私はたくさんの異なった葉を集めました。 やがて冬になり、それらが地面で腐り、もはや使えなくなってしまうまで。私のスタジオは錬金 術師の研究室になりました。私は思いつく限りのあらゆる可能な方法で葉を処理しました。私は それらを乾燥させ、酢漬けにし、凍らせました。無数の釉薬のテストが棚やテーブルのあらゆる スペースを埋め尽くしました。 

窯を開けるたびに失望しましたが、私は良い結果を得るという考えに取り憑かれました。私は絶 えず働いて、失敗したすべての試験片を置く余地がなくなるまでやりました。私は常に、もうあ と少しで謎が解けると思っていましたが、非常に多くの失敗の後、もう成功しないだろうという 事実を受け入れなければなりませんでした。今年 3 月の初めに、私はあきらめることにしまし た。 

その翌日、私は新しいアイデアを思いつきました。敗北に屈する前に、もう一度だけやってみる 最後のこと。最後の一窯。 

窯が冷えた後、蓋を開けると、それはそこにありました。最初に目に入った碗は、まだ熱くて手 で持てないほどでした。ボダイジュの葉の完璧なイメージの碗です。それは私たちの村のボダイ ジュの木の葉で、宋王朝の時代、教会が建てられる前に植えられたものでした。